セレブリティとは?

セレブリティってどういう意味ですか?


 

当サイトはセレブの愛用しているファッションアイテムをご紹介していますが、そもそもセレブってどういう意味なのか、どういう人達を指しているのかを解説していきます。

 

セレブ

セレブとはセレブリティ(CELEBRITY)の略で、主に「お金持ち」「有名で注目された話題になっている人」などの意味で、以前なら「スター」と呼ばれていた人達の新しい呼び方です。

 

セレブの歴史は?

有名人を「セレブ」と呼びだしたのは、1990年代頃からで、それ以降CELEBRITYという言葉は世界的に使われるようになりました。

 

セレブにもランクがある

アメリカではメディアに露出が多い「A級セレブ」、あまり露出がない「B級セレブ」と分けられています。

 

セレブと言われている有名人

海外で有名女性セレブは、ニコール・リッチー、ヒルトン姉妹(パリス・ヒルトン、ニッキーヒルトン)、キム・カーダシアン、ビクトリア・フォックス、ローレン・コンラッド、オリヴィア・パレルモ、ブリタニー・ギャスティノー、ハイディ・モンタグなどなど。
男性の代表的なセレブは、ガブリエル・オーリー、オーランド・ブルーム、ベッカム、エド・ウェソトウィック、アシュトン・カッチャー、クリス・パイン、ザック・エフロン、ジャスティン・ビーバー、ジョニー・ディップなどなど。
とにかく、女優だろうが俳優だろうが、ミュージシャンだろうがスポーツ選手だろうが、アイドルだろうが、有名な人達をセレブと呼ばれているんです。

 

セレブファッション

一般的に「セレブ」と言われている人たちが着用しているファッションスタイルのことで、おもに海外のブランドがほとんど。セレブが着用しているブランドを「セレブブランド」などとも言います。

 

セレブ系のファッション誌は?

セレブのゴシップネタからセレブのファッションまでを掲載している主な雑誌は次の通りです。
GLITTER、GISELe、VOGUE JAPAN、GOSSIPS、ELLE girl、in CELEB style などなど。
最新のセレブのパパラッチ写真などを掲載しており、最新のセレブファッションがわかって非常に面白い内容で、これらの雑誌に掲載されたファッションアイテムはかなり売れます。

 

セレブブランドの商品ってどうなのか?

セレブブランドと言われる、セレブが着用している洋服は安くはないので、購入に際して悩むことがあるでしょう。Tシャツやカットソーなどはだいたい薄手の素材を使用しており、初めて購入した際には「こんなに薄いのに、なんでこんなに高いの!?」と思われた方も多いと思います。人それぞれ感じ方は違うと思いますが、セレブブランドの洋服の一番のポイントは「シルエットが抜群」というところでしょうか。やはりチープな物にはない「雰囲気」があります。

 

具体的なセレブブランドは当サイトでご紹介してますので省略しますが、セレブが愛用しているという事で爆発的に売れていたブランドは「LnA」「Fluxus」「J BRAND」「SIWY」「TOLANI」などがブランド設立当初からとても人気がありました。(今でも売れているブランドですが・・)