衣類の素材

衣類に使われる素材の種類について

衣類に使用される素材には綿に代表される植物繊維や、シルクに代表される動物繊維があります。それぞれの素材(繊維)の特徴をここで解説します。

 

植物繊維

 

綿/コットン

Tシャツなどの衣類によく使われる素材です。
あおい科の綿が花を咲かせた後にコットンボールと呼ばれる実が成熟すると、中に綿ができます。
綿は世界各地で栽培されており、それぞれの地域によって特徴が違います。
綿の特徴は、丈夫で吸水性がありますが、一回洗濯すると縮んだり、日光によって変色します。

 

麻/リネン

シャツやTシャツなど夏に適した素材です。
人類最古の繊維といわれる素材で、通気性に富んでいるので、夏物の洋服の素材によく使われます。
逆に保湿はほとんどなく、シワにもなりやすい素材です。

 

 

動物繊維

 

絹/シルク

ブラウスやネクタイ、スカーフ、和服に使用される繊維で、一番きれいな繊維と古来から言われています。
蚕の繭の糸から作られる繊維で、光沢がきれいで、肌触りが非常に良い繊維です。
色落ちがしやすく、染みになりやすい特徴もあるので扱いに難しい繊維です。

 

羊毛/ウール

文字通り羊の毛で、主にセーターやカーディガンなどの冬物の洋服やムートンブーツなどに使用されています。
保温効果に優れていて、保湿性や発散性がありますが、虫食いもされやすいです。また縮みやすいので洗濯が難しい繊維です。

 

 

合成繊維

 

ポリエステル

合成繊維で一番生産されている繊維です。
Tシャツやフリースなどに使用され、コットンと同じような感性なので、コットンと並んで使用頻度の高い繊維です。
シワになりにくく、縮みにくい丈夫な繊維ですが、吸湿性があまりありません。

 

アクリル

ウールのような合成繊維で、ウール同様にカーディガンやセーターなどの冬の洋服に使用される繊維です。
軽くて弾力があり、虫食いされにくいですが、吸湿性に乏しく、ホコリが付きやすい特徴があります。

 

ポリウレタン (スパンデックス)

伸縮に富んでいる繊維で、レギンスや水着などのストレッチが必要な衣類に使用されます。
丈夫で伸縮性が大きいですが、摩擦に対する抵抗力が弱いので、剥がれやすいという面があります。

 

 

 

再生繊維

 

レーヨン

木材パルプから作られる繊維です。
下着やカーテンなどに使用される繊維で、最近はカットソーなどにも使用されています。
光沢があるのが特徴で、ドレープも作りやすい素材ですが、シワになりやすく、洗濯で縮みやすい繊維です。